安定した利益物件で不動産投資を成功|物件選びが成功の鍵

不動産投資で安定した収入

集合住宅

不動産投資が人気なのは株などに比べてリスクが小さく、長期にわたって安定した収益を得られるからです。土地や資産がなくても区分マンション投資なら、サラリーマンでも行うことができます。マンションの一室を購入して賃貸に貸し出すのです。家賃をマンション購入のローンに充てれば、完済時には自分の資産になります。

長期的に安定性を見極める

集合住宅

収益物件を探すのは東京が中心ですが、東京の地価は大幅に向上しているため、手を付けるのが難しい価格帯に入っています。東京オリンピック後の地価変動の可能性もあります。しかし大阪は安定した地価高騰率なのです。

これから伸びる分野です

マンション

マイナス金利が導入されたことによりマンション投資はさらに加速することが予想されます。海外でマイナス金利が導入されている国がすでにいくつかありますが、これらの国では、マイナス金利導入後に住宅価格が急上昇しています。

安定した収益を得る方法

家

増えていく不動産投資

収益物件とは家賃収入を得ることができる物件のことで、賃貸マンションやアパート、貸家などがあります。転勤などで現在所有しているマンションや一戸建てから転居せざるを得なくなった場合に一時的に誰かに貸す場合もあれば、不動産投資の一環として家賃収入を得るためにマンション等の収益物件を購入する場合もあります。事業用資産ですので、住宅ローンを組んで購入することはできませんが、不動産投資ローンを組むことはできます。一時期は金利が上昇傾向にありましたが、現在、再び金利が下がっていますので資金借り入れが容易になっています。賃貸マンションに対する需要も増加傾向にあることから、今後、収益物件の購入は増加することが予想されます。

物件選びで全てが決まる

賃貸マンションなどの収益物件はたくさんの物件数がありますので、どれを選ぶかによって大きく収益に差が生じてきます。同じ価格で販売されている物件であっても、一つ一つまったく条件は異なっています。建物自体の状況も違いますし、立地条件も異なります。また、現状で入居者がいる場合もあれば入居者がいない場合もあります。そのような異なる条件の中から収益性がある物件を見るけることが投資と言えます。株式投資と同じようにどの物件を選ぶかが投資の醍醐味と言えますが、比較的安定した収益が見込めることから投資としてはリスクの小さいものと言えます。ただ、投資額は購入資金総額で数千万円になりますので、十分に検討しなければなりません。